ここから本文です

劇団四季『ノートルダムの鐘』初の京都公演

7/23(日) 7:00配信

Lmaga.jp

劇団四季によるミュージカル『ノートルダムの鐘』の京都公演が23日に開幕。会場の「京都劇場」(京都市下京区)で22日、公開舞台稽古がおこなわれた。

【写真】寺の鐘撞く舞台「ノートルダムの鐘」のキャスト

京都・関西での上演は初めてとなる今回。公開舞台稽古で主役のカジモド役を演じた田中彰孝は、「この作品では、愛にまつわる4人の関係を描きながら、『人間は、自分と異なる他者に接したときにどうすべきか』というメッセージも。15世紀末の中世パリでの出来事ですが、まさにこれは現代を映した嘘偽りのない人間ドラマ。カジモドという役を通して、その本質的なメッセージをお伝えすることができたら」とコメントした。

『ノートルダムの鐘』は、フランスの文豪ヴィクトル・ユゴーの『Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)』に発想を得た作品。ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作した今回の演出版では、ユゴーの原作のアプローチを最重視し、人間誰しもが抱える明と暗の様相を繊細に表現。『大人のための演劇作品』として、ディズニーのもうひとつの顔を垣間見ることができる。

京都公演は、9月28日まで。千秋楽までの前売は既に完売しているが、各日程9席ずつ前日に追加席が発売される。チケットは11880円、劇団四季予約センターにて。

最終更新:7/23(日) 7:00
Lmaga.jp