ここから本文です

ヤンバルの生態系体感、カヌーで川上り体験 沖縄こども環境調査隊

7/23(日) 11:20配信

沖縄タイムス

 沖縄こども環境調査隊2017の隊員8人が21日、東村の村立山と水の生活博物館とふれあいヒルギ公園を訪れ、ヤンバルの豊かな自然を体験した。主催は沖縄タイムス社。

 同公園では自然ガイドの比嘉茂正さんの指導の下、マングローブの豊かな慶佐次川をカヌーで上った。隊員らは25日からの慶良間諸島視察を念頭に、同じ国立公園の自然をカメラやメモに記録していた。那覇市立城北小6年の赤嶺貴一郎君は「マングローブなどヤンバルの生態系が地球の環境問題とつながっていることが分かりました」と話した。

 慶良間視察は25日から3泊4日で奄美こども環境調査隊も同行する。学習会を経て9月2日、タイムスホールでのシンポジウムで調査内容を発表する。

最終更新:7/23(日) 13:15
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ