ここから本文です

<全国高校総体>ソフトテニス 稲福・山田組(那覇西)が4回戦へ

7/23(日) 17:30配信

沖縄タイムス

 全国高校総合体育大会「はばたけ世界へ 南東北総体2017」の先行開催競技、ソフトテニス男子が23日、福島県の会津総合運動公園テニスコートで始まった。個人3回戦までを終え、沖縄県勢は2年生ペアの稲福蓮音・山田裕也組(那覇西)が24日の4回戦に進んだ。稲福・山田組は初戦の2回戦で寺戸・鈴木組(滋賀・瀬田工)に4―1で快勝。3回戦は安部・原田組(島根・松江工)に4―3で競り勝った。

 山田は「マッチポイントを握られても気持ちを切らさず、集中してレシーブができた」、稲福は「強い相手だったけど、気持ちで向かっていって、自分たちのテニスができた」と3回戦を振り返った。

 上原成星・日高清斗組(名護)、高嶺聖夏・南風野拓真組(八重山)は初戦の2回戦で、富田英寿・金城重睦組(南風原)、嵩原久広・安座間喜久組(名護)、仲里星哉・當山魁也組(那覇西)は1回戦で敗れた。

最終更新:7/23(日) 18:10
沖縄タイムス