ここから本文です

沖縄で水難事故相次ぐ 1人死亡、1人重体

7/23(日) 23:10配信

沖縄タイムス

 沖縄県内で23日、水難事故が相次ぎ、1人が死亡、1人が意識不明の重体となっている。

 同日午後1時ごろ、名護市宮里の砂浜から30メートルほど離れた海上で、同市に住む無職の男性(77)があおむけの状態で浮いているのが見つかった。男性は市内の病院へ搬送されたが、午後2時に死亡が確認された。名護署によると、男性は網を持っており、貝を捕りに1人で海に入っていたと思われる。

 恩納村真栄田の海岸では午後4時ごろ、海水浴をしていた京都府の小学生男児(7)が海底に沈んでいるのを関係者が発見した。石川署によると、男児は本島南部の病院に搬送されたが、意識不明の重体という。

最終更新:7/23(日) 23:10
沖縄タイムス