ここから本文です

ラウダ、2018年からF1に導入が決まったハロを批判。「ファンのためにならない」

7/23(日) 11:24配信

オートスポーツweb

 F1の伝説的ドライバーでメルセデスのノンエグゼクティブチェアマンでもあるニキ・ラウダは、コクピット保護デバイスのハロ導入は過ちであり、ファンとの距離を縮めたいとするF1側の取り組みに反する行為だと話している。

イギリスGPフリー走行でフェラーリがテストしたシールド

 各チームやドライバー、ファンなどから圧倒的な反対意見が出ているにも関わらず、FIAはハロの2018年導入にゴーサインを出した。

 F1の運営組織であるFIAは、19日にスイスのジュネーブで開かれたF1ストラテジーグループのミーティングにおいて、安全上の理由からハロ導入を押し通すことを決定。ハロはシールドやエアロスクリーンといった代替コンセプトと比較して、最も現実的な選択肢だというのが理由だ。

ラウダは「我々はコクピット保護デバイスとしてハロ、レッドブルのエアロスクリーン、フェラーリのシールドをテストした。どれも100%納得できるものではなかった。そうした状況では正しい判断を下す必要がある。ハロを選ぶのは間違いだ」と語る。

 1976年のF1レースで命に関わる大事故に見舞われたラウダは、F1における安全性については一家言を持つ。彼は安全装置の必要性については疑問を持っており、F1のDNAに影響を及ぼすとして公然と非難している。

「FIAはF1をできる限り安全なものにしてきた。ホイールはよりしっかり装着されるようになり、外れて飛んでいく危険性はほとんどなくなった。ドライバーへのリスクは最小限になっている」

「我々は速いマシンで新しいファンをF1に呼び込み、観客との距離を縮めようと懸命に努力をしているところなのに、それを過剰反応で台無しにしてしまう」

「ハロより優れた解決策は必ずある。そうでなければ3種類ものデバイスをテストしなかっただろう。研究を続け、マシンの外見を損なうことのないものを見つけたら2019年に導入するというのが、最も合理的なやり方ではないだろうか」 

「それくらいシンプルなことだ。あとで後悔するとわかっているものを、急いで導入する理由はない」とラウダは締めくくった。

[オートスポーツweb ]