ここから本文です

スリル満点、峡谷爽快 手取川で川下り始まる

7/23(日) 1:22配信

北國新聞社

 白山市鳥越地区の手取川で22日、川下りが始まった。一昨年、中止の原因となった濁水は収まり、今年は水が濁ることはほとんどないという。ボートに乗り込んだ子どもは急流のスリルを楽しみ、冷たい川の水に歓声を上げた。

 手取峡谷ウオーターパークと銘打ったイベントで、白山アドベンチャークラブが企画した。今年で5回目の開催となる。22日は地元鳥越小の児童がゴムボートで約800メートルのコースを下った。

 東晃弘君(6年)は「冷たい水が気持ちよかった」と笑顔で話し、山下万葉さん(同)は「流れが急な場所がありスリル満点だった」と声を弾ませた。

北國新聞社

最終更新:7/23(日) 1:22
北國新聞社