ここから本文です

前線のターゲットマン・赤嶺が2発!岡山が山口にシーズンダブルで10戦負けなし

7/23(日) 20:17配信

ゲキサカ

[7.23 J2第24節 岡山2-1山口 Cスタ]

 ファジアーノ岡山がホームでレノファ山口FCと対戦し、2-1で競り勝った。これで岡山は2連勝とし、10試合負けなし(6勝4分)。山口は3試合ぶりの黒星を喫した。

 まず試合のペースを握ったのは岡山だった。右サイドからDF片山瑛一が立て続けにロングスローを入れ、FW豊川雄太、FW石毛秀樹がバイシクルシュートを放ち、山口ゴールに襲い掛かる。だが、徐々に落ち着いた試合展開となると、山口がFKからチャンス。味方が横に出したボールからDF前貴之が強烈なミドルシュートを放つもGK一森純が横っ飛びセーブ。先制点とはならなかった。

 均衡が破れたのは前半35分。岡山のDF喜山康平がPA左へ浮き球パスを入れ、飛び出したGK村上昌謙と接触しながらも豊川が中央に折り返す。これをFW赤嶺真吾が頭で押し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 追いつきたい山口は、ハーフタイムでGK村上に代えてGK山田元気を投入。さらに14分にはMF小塚和季を入れる。山口は21分、FW大石治寿が裏へ抜け出し決定機かと思われたが、懸命に戻った片山のスライディングに止められ、同点とはならなかった。

 その後は一進一退の攻防が続いたが、終盤に試合を決定づけるゴールが生まれる。岡山は後半38分、高い位置からのプレスでこぼれたボールを拾った赤嶺がペナルティーアーク手前から左足一閃。低い弾道のシュートがゴール右に吸い込まれ、2-0とする。アディショナルタイム2分には、PA手前から小塚に1点を返されたが、岡山が2-1で逃げ切り勝利。6月11日の第18節(1-0)の山口戦に続くシーズンダブルとなった。

最終更新:7/23(日) 20:23
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1