ここから本文です

ラッセ・ハルストレム監督作「僕のワンダフル・ライフ」予告編公開

7/24(月) 16:37配信

CDジャーナル

 『HACHI 約束の犬』や『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られるラッセ・ハルストレム監督の最新作、映画「僕のワンダフル・ライフ」が9月29日(金)より東京・有楽町 TOHOシネマズ 日劇ほか全国でロードショー。封切に先駆け、YouTubeにて予告編が公開されています。

 本作の原作はW.ブルース キャメロンのベストセラー「野良犬トビーの愛すべき転生」。ゴールデン・レトリバーのベイリーが愛する飼い主の少年イーサンと会うために、3度生まれ変わり、再会を果たすまでを描いた感動作です。デニス・クエイド、ペギー・リプトン、ブリット・ロバートソンらがキャストに名を連ねているほか、ジョシュ・ギャッドがヴォイス・キャストとして出演しています。

 公開された予告編では、天国に旅立ったベイリーが、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと姿を変えて生まれ変わり、イーサンを捜す様子が描かれています。メガフォンをとったハルストレムは、本作について「この映画を撮るにあたって、ルールとして決めたのは、犬はカメラ目線で喋らないということ。この作品のおかげで、僕は生まれ変わりという考えにすっかり引き込まれてしまった。でも、実際に生まれ変わる可能性があるかどうかなんて誰にもわからない。要はこの世界で起こっている、理屈で説明のつかない魔法のような出来事に対してオープンでいようということだ」と語っています。

最終更新:7/24(月) 16:37
CDジャーナル