ここから本文です

夏の牝馬重賞に好メンバーが集結/クイーンSの見どころ

7/24(月) 10:01配信

netkeiba.com

 ヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード、NHKマイルCの勝ち馬アエロリットをはじめ、好メンバーが揃った。注目の牝馬重賞、出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/30(日) クイーンS(3歳上・牝・GIII・札幌芝1800m)

 アドマイヤリード(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)は今年のヴィクトリアマイルを制覇。中団追走から馬群を割って突き抜けるという力強い競馬で、春の古馬女王に輝いた。小柄な馬だけに斤量が55キロにとどまったのは大きく、初参戦の札幌でも結果を出してくれそうだ。

 アエロリット(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)はNHKマイルCで牡馬を撃破。新馬戦以降に勝ち切れなかった鬱憤を大舞台で晴らし、菊沢師に初のGIタイトルをもたらした。ここで早くも古馬との対決となるが、3歳世代の実力を見せられるか。

 その他、マーメイドSを制したマキシマムドパリ(牝5、栗東・松元茂樹厩舎)、中山牝馬Sの勝ち馬トーセンビクトリー(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)、重賞で好走を続けているクインズミラーグロ(牝5、美浦・和田正道厩舎)、芝に戻るパールコード(牝4、栗東・中内田充正厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

最終更新:7/24(月) 10:35
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ