ここから本文です

スピースが完全優勝でメジャー3勝目 松山英樹は14位

7/24(月) 2:42配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー◇全英オープン 最終日(23日)◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇7156yd(パー70)

【画像】バンカーのこんなところにもカメラが仕込まれていた!

3打差の首位から出たジョーダン・スピースが1イーグル4バーディ、5ボギーの「69」で通算12アンダーとし、2015年の「マスターズ」と「全米オープン」に続くメジャー3勝目を挙げた。初日からの首位を守りきる完全優勝。同じ最終組のマット・クーチャーとデッドヒートを繰り広げたが、上がり5ホールで5ストローク伸ばし、振り切った。

史上6人目のキャリアグランドスラムに王手をかけ、8月の「全米プロゴルフ選手権」に臨む。

前半は「37」(パー34)と3ストローク落とし、一時はクーチャーに逆転を許した。後半13番では、ティショットをマウンドとなった右のラフに打ち込みアンプレヤブルとしたが、練習場から放ったドラマチックなリカバリーショットでボギーにとどめた。14番でバーディ、15番で20m近いイーグルパットをねじ込んで再浮上。16番で約8mのバーディパットを決め、17番でも伸ばして、逃しかけた勝利を得意のパットで引き寄せた。

クーチャーは通算9アンダー2位。「63」をマークした李昊桐(中国)が通算6アンダーの3位、ロリー・マキロイ(北アイルランド)とラファ・カブレラベロー(スペイン)が通算5アンダーの4位だった。

7打差5位から日本人初のメジャー制覇を狙った松山英樹は「72」とスコアを落として、通算2アンダーの14位で終えた。