ここから本文です

<土屋太鳳>バレリーナ意識のミニドレスで美脚見せ 夏木マリはブラックドレスでクールに

7/24(月) 19:30配信

毎日キレイ

 女優の土屋太鳳さんが、23日に東京都内で行われた劇場版アニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」(エリック・サマー&エリック・ワリン監督、8月12日公開)のジャパンプレミアに、淡いエメラルドグリーンのミニドレス姿で登場した。ドレスは吹き替え版で演じた主人公・フェリシーをイメージしたというバレリーナ風の軽やかなデザインで、チュチュのように広がったキュートなスカートからすらりとした美脚をのぞかせ、髪もタイトなお団子に結っていた。足元はキラキラとしたオープントゥパンプスで、耳には華奢(きゃしゃ)なイヤリングを飾っていた。

【写真特集】土屋太鳳 超ミニドレスが可愛すぎ! 夏木マリとのコントラストもフォトジェニック

 ジャパンプレミアには、吹き替え版でフェリシーのライバル・カミーユの母親役を演じた夏木マリさんも、作品の舞台である19世紀末のパリをイメージしたという黒いマーメードラインのドレス姿で登場。ドレスはところどころにフリルをあしらったデザインで、白いプリーツのカフスとハイネックが特徴的。金髪をオールバック風に立てたヘアスタイルで、赤×黒のネイルを合わせたクールないでたちだった。

 「フェリシーと夢のトウシューズ」は、バレリーナになることを夢見る少女・フェリシーの成長を描く。19世紀末、フランス・ブルターニュ地方の施設で暮らしていた、踊ることが大好きな少女・フェリシーはバレリーナになるという夢を胸に施設を抜け出し、エッフェル塔建設中のパリを訪れる。偶然にもたどり着いたオペラ座で、さまざまな出会いやライバルたちとの競争を経て、夢の舞台を目指す……というストーリー。

最終更新:7/24(月) 19:30
毎日キレイ