ここから本文です

チャリティーいけばな展開幕 25日まで、節目の40回に108点

7/24(月) 12:17配信

琉球新報

 生け花展を通して目の不自由な人を支援する「第40回チャリティーいけばな展」(主催・琉球新報社、県華道連盟)が24日午前、那覇市泉崎のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー2階「彩海」で始まった。25日まで。展示は24、25の両日とも午前10時~午後8時。県華道連盟に加盟している8流派が計108点の作品を出展している。純益金は県アイバンク協会へ寄付される。
 関係者によるテープカットに先立ち、あいさつした県華道連盟の芝田蘭翠会長は「40年の節目を迎えた。花をたしなみ、展示を通じて少しでもチャリティーの精神を学んでほしい」とあいさつした。
 会場では子どもいけばな体験教室(正午、午後1時半、3時の3回)や、琉球交響楽団によるミニ演奏会(午後2時半、4時の2回)もある。当日券550円(同ホテル喫茶無料券、食事5%割引券付き)。
 問い合わせは琉球新報社読者事業局☎098(865)5255。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7/24(月) 12:17
琉球新報

Yahoo!ニュースからのお知らせ