ここから本文です

内山、現役続行へ…リングにいないと「やはり寂しい」

7/24(月) 5:43配信

スポーツ報知

 前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(37)=ワタナベ=が23日、ダブル世界戦のゲスト解説を務めた後、今週中に現役続行を表明する考えを示唆した。「きょうは田口と京口が主役なので」とジムの後輩に敬意を示して正式発表こそ避けたものの「あそこ(リング)にいないと、やはり寂しい」などとボクシングへの情熱をのぞかせた。

 内山は2010年から王座を11連続防衛したが、昨年4月、ジェスレル・コラレス(パナマ)に2回TKO負けして王座陥落。大みそかのコラレスとの再戦も判定で敗れた。その後、進退について正式表明を先延ばしにしてきたが「自分の中では決まっている」と明言した。

 内山は「選手入場を見て、うらやましくなった。京口の試合を見て熱くなったことは確か」と前向きな言葉を並べた。その上で「これ以上、話すとボロが出てしまう。今週中に正式発表します」とニヤリ。KOダイナマイトはリングへ戻る意思と拳を固めたようだ。

最終更新:7/24(月) 6:11
スポーツ報知