ここから本文です

【RIZIN】KINGレイナ、タパの挑発に「こっちがひざまずかしてやるよ」

7/24(月) 18:02配信

イーファイト

 7月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催の『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』で、女子プロレスラーのレイディー・タパ(トンガ)と対戦するKINGレイナ(フリー)が、24日(月)都内で公開練習を行った。
 
 5分間のミット打ちでは重いパンチとキックを打ち込み、特に右のオーバーハンドフックと右ハイキックはミットを持つ男性が後ずさりする程の威力を持っていた。スパーリングでも男性相手にパワーで押す展開。右フックで攻め最後は右ハイキックで吹っ飛ばした。

【フォト】”KINGフック”でタパのパネルを破壊

 見所満載の公開練習を終えたレイナは「試合一週間前だからって練習の強度を下げる事もない。同じ練習をして、自分が得意じゃない部分である打撃を強化しています。自分は柔道ベースなので、打撃出身の人に比べたらまだ足りない部分がある。打撃中心で練習してます」と話す。

 スパーリング相手に関しては「普段は自分よりも大きい男子選手と練習しています。基本、女子選手と練習する事は滅多に無いです。逆に女子と練習すると気を使っちゃうというか、壊しちゃったら怖いなと思うので。RIZINに参戦してから、さらに女子と練習する事は無くなりました」と話し、規格外の強さを感じさせる。
 
 対戦相手のタパについては「記者会見で『ひざまずかしてやる』とか訳のわかんないこと言ってたんでムカつきます。こっちがひざまずかしてやるよ。今回は打撃で倒します」と語り、かなり腹が立っているようだ。
 
 RIZINを自分が引っ張ると話すレイナは「同世代の若い選手達が増えてきてはいますが、まだ上の世代の方が人気がある。それを10代、20代の選手で引っ張るようにしたい。ゆくゆくはRIZINの舞台はみんな若い、みたいにしたいですね。そのためにも私が男女関係なく引っ張る。私が一番なので引っ張る気しかないです」と熱いコメント。

 最後に記者から「あの強烈な右オーバーハンドフックに命名して下さい」と言われたレイナは「KINGフック」と命名。レイナは”KINGフック”をタパのアゴにぶち込めるか。

最終更新:7/24(月) 18:02
イーファイト