ここから本文です

CL王者とEL覇者の一戦はマンUに軍配 PK戦を制す/ICC

7/24(月) 12:24配信

ISM

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(以下ICC)は現地時間23日にアメリカラウンドの試合が行なわれ、マンチェスターU(イングランド)とレアル・マドリー(スペイン)の試合は、PK戦でマンUに軍配が上がった。

 昨季のチャンピオンズリーグ王者レアルと、ヨーロッパリーグ覇者のマンUが顔を合わせた一戦。前半は互いにチャンスを作ることができずに、シュートまで持ち込めない展開が続く。

 しかし、スコアレスで折り返すと思われた46分、左サイドでマーシャルが次々と相手をかわしてペナルティエリア内に侵入すると、フリーとなっていたリンガードにラストパス。これを同選手が冷静に沈め、マンUが先制する。

 リードを許したレアルは、後半開始から全選手を入れ替える。すると69分、新加入のテオ・エルナンデスがエリア内で倒されPKを獲得。これをカセミロが決め、同点に追いつく。

 試合はこのままスコアが動かず、PK戦へ突入。デヘア、カシージャの両守護神が奮闘し、最終キッカーまでもつれる展開に。先行のマンUは、5人目ブリントが確実に決める。一方のレアルはカセミロがクロスバーに当て失敗。最後までもつれた試合は、マンUがPK戦を2対1でものにした。

最終更新:7/24(月) 12:24
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合