ここから本文です

【台湾】6月の訪台中国人旅客数、過去最低を更新

7/24(月) 11:30配信

NNA

 台湾交通部(交通省)観光局がこのほどまとめた旅客統計(速報値)によると、6月の訪台外国人旅客数は延べ83万5,931人で、前年同月比2.2%増えた。韓国やベトナムからの訪台旅客数が大きく増えた一方、中国からは30.4%減の延べ18万9,078人で、2016年5月以来の過去最低を更新した。
 訪台韓国人旅客数は7万2,031人で前年同月比16.9%増、ベトナム人旅客数は3万7,382人で、1.4倍となった。
 6月は、蔡英文政権が推進する東南アジアなど18カ国・地域との関係強化策「新南向(新南進)」政策の対象国・地域からの旅客数の伸びが顕著だった。観光局は、東南アジアからの旅行者の増加は、ビザ発行の条件緩和や、台湾政府が企業の社員旅行の行き先として台湾を推奨していることが主な理由だとしている。

最終更新:7/24(月) 11:30
NNA