ここから本文です

マーベルがセキュア車載ギガビットイーサネットスイッチを発表 業界初

7/24(月) 10:00配信

レスポンス

ストレージ、ネットワーク、およびコネクティビティ用半導体ソリューション大手のマーベル(Marvell)は24日、次世代コネクテッドカーでの安全なデータ伝送を目的とした、業界初のセキュア車載ギガビットイーサネットスイッチ「88Q5050」を発表した。

高度運転支援システム(ADAS)や車載インフォテイメント(IVI)、さらには自動運転車など、車内および車車間通信でのデジタル情報の用途は拡大しつつある。自動車内部には堅牢でセキュアな車載ネットワークを必要とする多くの(マーベルによると数百)コンピューティングアプリケーションが存在し、イーサネットは自動車メーカーにとって広く使用される技術だ。

マーベルの新しい車載イーサネットスイッチは、車内及び車外との通信データに対する悪質な攻撃や侵入を防ぐように設計されている。オートモーティブ産業に対するサイバー犯罪のリスクの高まりに対応することを目的とし、IEEE802.3および802.1規格に完全準拠する。

新しいソリューションは、ディープパケットインスペクション(DPI)エンジンおよびトラステッドブート機能を採用した。またすべてのイーサネットポートで、アドレスのブラックリスト方式(特定の情報をブロックする)およびホワイトリスト方式(特定の情報を許可する)の両方をサポートする。なおマーベルでは、今後のシステム構築はホワイトリスト方式が増えると予想している。

88Q5050は、過酷な車載環境に耐えるため、温度、湿度、衝撃、振動などについてAEC-Q100認定を取得している。

100Mbpsと1Gbpsの両方のインタフェースをサポートし、5つの100BASE-T1物理インタフェースを内蔵しており、マーベルがの1000BASE-T1 PHYとの接続が可能だ。

88Q5050のサンプルは供給中で、主要な自動車サプライヤにおいて評価が行なわれているという。

《レスポンス 高木啓》

最終更新:7/24(月) 10:00
レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ