ここから本文です

<田鍋梨々花>“ミスセブンティーン”が「コード・ブルー」に出演 天才ピアニスト役で

7/24(月) 19:31配信

まんたんウェブ

 ファッション誌「セブンティーン」(集英社)でモデルとして活躍している田鍋梨々花さんが、フジテレビ系“月9”ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(毎週月曜午後9時)に出演することが、分かった。田鍋さんは、主演の山下智久さん演じる藍沢耕作が脳外科で出会う患者の天野奏(かなで)を演じる。奏は脳にある問題を抱えている14歳の天才ピアニストで、24日放送の第2話から登場する。

【写真特集】「コード・ブルー」追加キャスト続々 第3話に丸山智己も 

 同ドラマへの出演に田鍋さんは「自分がずっと見ていた作品だったので、出演が決まったときは信じられないくらいうれしかったです」と語り、演じる役については「奏は天才ピアニストという役柄なので、ピアノ未経験だったので毎日練習して挑みました。撮影初日はとても緊張したのですが、山下さんやスタッフの皆さんが撮影中、話しかけてくださったお陰で乗り切ることができました」と振り返っている。

 田鍋さんは、2003年12月24日生まれの13歳。昨年の「ミスセブンティーン2016」でグランプリを受賞し、「セブンティーン」の専属モデルとなった。

 また、俳優の丸山智己さんが出演することも発表された。丸山さんはこだわりをもった頑固な料理人・緒方博嗣を演じる。緒方は山中を流れる渓流で釣りをしていたところ負傷して救命救急に運ばれ、救命センターの医師やナースたちと交流を深めていく……というキャラクターで、第3話から登場する。

 「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」は、ドクターヘリをテーマにした人気ドラマの約7年ぶりとなる新シーズンで、山下さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんらが再び集結。医師、看護師として10年を超えるキャリアを積んだ5人が人生の新たな局面に立つ……という物語。

最終更新:7/24(月) 19:34
まんたんウェブ