ここから本文です

テニス=イスナー、ブレークポイント握られず優勝

7/24(月) 9:39配信

ロイター

[23日 ロイター] - 男子テニスのホールオブフェーム選手権は23日に決勝を行い、第1シードのジョン・イスナー(米国)がマシュー・エブデン(オーストラリア)を6─3、7─6で下して優勝。イスナーは大会を通じ、一度もブレークポイントを握られなかった。

イスナーがタイトルを獲得するのは2015年以来、キャリア通算では11度目。

得意のサーブで相手を圧倒したイスナーは「4試合を戦ってブレークポイントに直面しないということは想像していなかった」としながらも「週全体を通してサーブが良かったし、プレーも良かった。私のサーブが有効な大会で、相手がブレークするのは大変だろうと思っていた」と話した。

最終更新:7/24(月) 9:39
ロイター