ここから本文です

【インド】フォーチュンの大手500社、インドから7社

7/24(月) 11:30配信

NNA

 米経済誌フォーチュンがこのほど発表した世界の大手企業500社のリスト「フォーチュン・グローバル500」の最新版に、インドからは7社が入った。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が22日に伝えた。
 リストは、今年3月末、またはそれ以前に終了した直近の会計期間の通期売上高を基に作成されている。インド企業の最上位はインド石油公社(IOC)の168位。以下、リライアンス・インダストリーズ(RIL、203位)、インドステイト銀行(SBI、217社)、タタ・モーターズ(247位)、ラジェシュ・エクスポーツ(295位)、バーラト・ペトロリアム(BPCL、360位)、ヒンドゥスタン・ペトロリアム(HPCL、384位)の順となっている。世界全体の首位は米ウォルマートだった。
 フォーチュンによると、500社の売上高の合計は27兆7,000億米ドル(約3,100兆円)。地域別ではアジアの企業が最も多く、中国の109社、日本の51社などを含めて197社が入った。国別で最も多かったのは米国の132社。

最終更新:7/24(月) 11:30
NNA