ここから本文です

乗務員になりきれる車掌マイクも 京急電鉄の車内を再現した「京急電鉄カラオケルーム」が品川にオープン

7/24(月) 7:40配信

ねとらぼ

 京急電鉄の車内を再現した「京急電鉄カラオケルーム」が、JOYSOUND品川港南口店に約半年間の期間限定でオープンしました。

【画像】京急電鉄カラオケルームの中

 KEIKYU車内体感ルームでは、ソファの代わりに「実車の座席」が設置されている他、実物の「車掌用マイク」やスピーカーを採用。さらに網棚や吊り革に、「車掌スイッチ(ドアスイッチ)」や「連絡ブザー」などの車両備品もあり、まるで電車内で歌っているような体験が楽しめます。

 もう1つのリアル運転士・車掌体感ルームでは、同様の車掌マイクや車掌スイッチに加えて、乗務員気分を味わえる運転台を設置。また左右の壁面に車窓からの風景を投影した映像が流れる「車窓投影プロジェクター」もあり、実際に運行しているような体験ができます。

 JOYSOUNDでは、運転士の喚呼(かんこ)や車掌のアナウンスをマイクで読み上げたりするコンテンツ「鉄道カラオケ」が昨年4月から配信されており、カラオケルームはそれをよりリアルに体感してもらうための企画となっています。

 同店では乗務員になりきるためのコスプレグッズの貸し出しもあり、京急電鉄カラオケルームの利用者には「JOYSOUNDオリジナル切符」がプレゼントされます。

 メニューではオリジナルドリンクや事前予約限定の「オリジナル駅弁」もあり、詳細はキャンペーンサイトにて確認できます。

最終更新:7/24(月) 7:40
ねとらぼ