ここから本文です

日向灘・門川湾の無人島で自然体験イベント 地元団体が町をアピール /宮崎

7/24(月) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 日向灘・門川湾の沖合にある無人島、乙島(おとじま)で8月20日、「乙島サマークエスト in 2017」が開催される。主催は自然体験イベント企画団体「FINDING K(ファインディング・ケー)」。(日向経済新聞)

 同町や延岡市に住む20~40代の男女で今年発足した同団体。同町の自然の魅力を知ってもらうことを目的としている。今回が初のプロデュースイベント。団体名には「門川(K)の魅力を発見してほしい」との意味を込めた。

 当日は庵川(いおりがわ)漁港(門川町)を出発点に、シーカヤック、スタンドアップパドルボート(SUP)の講習を受けた後、シーカヤックで乙島を目指す。同島に到着後、ガガラ(別名カサゴ)釣りを楽しむ「ガガラチャレンジ」、高さ3~4メートルの岩場を登る「ロックチャレンジ」を行う。

 同団体の濵田秀昭さんは「県内外から問い合わせがあり、もうすぐ定員の20人に達する。小学生にイベントを通し、門川の自然に触れてもらい、大人になった時に思い出してもらえればうれしい。そして門川に戻ってくるきっかけになれば」と期待を込める。

 今後も年数回、イベントを企画していく予定。

みんなの経済新聞ネットワーク