ここから本文です

キエッリーニ、同僚とネイマールを比較「ディバラはまだあのレベルに達していない」

7/24(月) 6:03配信

GOAL

ユヴェントスのDFジョルジョ・キエッリーニは、パウロ・ディバラはまだネイマールほどの価値はないと語っている。

ネイマールが2憶2200万ユーロ(約288億円)でパリ・サンジェルマンに移籍すると頻繁に報じられており、バルセロナはその代役にディバラを獲得するのではないかとの憶測が飛んでいる。しかし、先日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でネイマールに得点を許したキエッリーニは、チームメイトのアルゼンチン代表FWがまだ同選手のレベルに達していないと感じているようだ。

キエッリーニは『プレミアム・スポーツ』で「ディバラはまだネイマールと同じだけの価値はない。昨シーズンに関して言えばネイマールは(リオネル・)メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドと同じレベルでプレーして、バロンドールにもノミネートされた。彼は試合とシーズンを1人で変える力を持っている。だからあれだけの金額が支払われたって不思議ではない」とブラジル代表FWは史上最高額を支払うだけの価値があると称賛。

また、7年間パートナーを務め、今夏ACミランに移籍したレオナルド・ボヌッチについても「良くも悪くも、彼は全てにおいて僕の友人だ。7年もの間、ジジ(ジャンルイジ・ブッフォン)やアンドレア(・バルザーリ)、家族も含めて他の誰よりも長い時間を過ごしてきた。彼がいなくて寂しい思いをするだろう」と心境を語った。

続けて「でも別のディフェンダーがチームにやって来て、僕たちの力になってくれるはずだ。ここには5人のディフェンダーがいたが、今は4人になってしまった。しかしそれぞれ違うキャラクターを持っているから、そんなに心配ではない」とボヌッチが抜けた穴を埋められると考えているようだ。

GOAL

最終更新:7/24(月) 6:04
GOAL

スポーツナビ サッカー情報