ここから本文です

平尾昌晃さん次男、父の名曲を歌い継ぐ覚悟「後世に残していく」

7/24(月) 10:31配信

デイリースポーツ

 21日に79歳で亡くなった作曲家・平尾昌晃さんの次男で歌手の平尾勇気(36)が24日、TBS系「ビビット」に生出演。歌手デビューした勇気の楽曲を聴き「もっとシンプルに、若い子からお年寄りまで口ずさめるように」とアドバイスを送り続けてくれたことに感謝した。

 番組では、勇気を招いて平尾さんのこれまでの輝かしい実績などを紹介。勇気は父の最期には「地方に行っていて会えなかった。ちょっと急だったので」と無念の表情。

 平尾さんは数々のヒット曲を手がけただけではなく、毎年大みそかには紅白歌合戦で「蛍の光」の指揮を振る姿も印象的だった。昨年はすでに体調を崩していた中、指揮を振ったが「無理してるなとは思ったが、大みそかの紅白の指揮を本当に喜んでいたので、今年も指揮をして欲しかった」と唇をかみしめた。

 改めて父について聞かれた勇気は「優しくて、かっこよくて、時には厳しい人でした」と振り返り、歌手として活動する勇気の曲を聴いては「音楽は、いろんな人の耳に残らないとダメ。気持ちは分かるけど詰め込みすぎ」と勇気の作った曲にアドバイス。「もっとシンプルに、若い人からご老人の方まで口ずさめる曲じゃないと」と話していたという。

 「音楽で生きて、音楽を愛し、ずっと音楽が大好きな人だった。父の残してくれた曲を僕らが歌い継いで、後世に残していきたい」と、父が作ったたくさんの名曲を歌い継ぐ覚悟も示すと、最後には「もうちょっと…。曲を書いているから、聞いて欲しかった…」と無念の表情を浮かべていた。