ここから本文です

滋賀で運動能力測定 子どもの適性スポーツを診断 /滋賀

7/24(月) 14:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 皇子が丘公園スタジアム(大津市)など滋賀県内3カ所で7月15日・19日・20日、「DOSA全国キャラバンツアー」が開催された。主催はスポーツ能力発見協会(東京都板橋区)とT&S健康スポーツ研究所(草津市)。(びわ湖大津経済新聞)

高く飛ぶジャンプ力と素早く跳ねるバネ力を計測

 同キャラバンツアーは子どもの運動能力を測ることを目的とし、2013年より全国を巡回。10メートルスプリントやジャンプ、切り返し走など6種目を「SOSUモーションキャプチャ」で測定し、敏しょう性や視覚反応の速度、バランス力などを診断し、測定結果から個々の運動能力の向上方法や適性スポーツ種目を紹介する。

 3日間で約65人が測定に参加。参加した子どもたちは測定器機を装着し走る、跳ぶ、スイングするなどの運動能力を測定。「自分の能力を数字で見ることができて、どうすれば伸ばせるかを教えてもらえてよかった」「測定結果にショックを受けたが、今後の課題が分かった」と話す。同協会測定員の牧志一生さんは「視覚反応、ステップ、10メートルスプリントの能力が高い子どもたちが多く、将来が楽しみな選手がいた」と話す。

 同キャラバンツアーは2020年6月までに全国1718市町村を巡回する予定。

みんなの経済新聞ネットワーク