ここから本文です

フェラーリ F40、デビュー30周年…日本のバブル期を象徴する名車

7/24(月) 22:45配信

レスポンス

イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは7月21日、『F40』がデビュー30周年を迎えた、と発表した。

画像:フェラーリ F40

F40はフェラーリの名車として、歴史に名を刻むモデル。フェラーリF40は1987年、フェラーリの創業40周年記念車として誕生した。当時のグループB向けレーシングカー、『288GTO』をベースに、カーボンやアルミなどの軽量素材を積極的に投入して完成したロードゴーイングスーパーカーがF40だった。

ミッドシップに積まれるのは、2936ccの排気量を備えたV8ガソリンエンジンを、2個のターボチャージャーで過給したユニット。最大出力478ps/7000rpm、最大トルク58.8kgm/4000rpmを引き出し、最高速は324km/hを誇った。市販車で最高速が320km/hを超えたのは、このF40が最初といわれる。

F40は、日本にも導入。1987年当時は、日本はバブル経済の真っ只中。不動産だけでなく、スーパーカーも投機対象となり、新車価格が4650万円のF40が、5倍以上の2億5000万円もの高値で取引された逸話も残る。

このF40の開発当時、テストドライバーを務めたダリオ・ベヌッツィ氏は、デビュー30周年に際し、「F40はパワーステアリング、パワーブレーキ、電子機器がないため、ドライバーの技術が要求される車。しかし、正確なステアリングやロードホールディング、加速性能は、当時の市販車として、比類ないレベルに到達していた」と振り返っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/24(月) 22:45
レスポンス