ここから本文です

窪田正孝は洗濯男子 手洗いできないから「ジーパンは1枚もない」

7/24(月) 13:54配信

デイリースポーツ

 俳優の窪田正孝が24日、日本テレビ系「PON!」で毎日やっているという手洗い洗濯を生披露。“洗濯男子”としてのこだわりを随所に見せた。

 窪田は基本的に下着、靴下以外は手洗いしているといい、生地が傷みにくいため、10年以上着続けているシャツもあるという。

 そんな窪田がスタジオで洗濯を生披露。普段はシャワーを浴びている最中に一緒に洗うというが、この日はスタジオということもありたらいで実演してみせた。

 まずこだわりの一つが絞り方。ぞうきんのようにねじって絞ると「伸びちゃう」ことから、窪田曰く「おにぎり絞り」と呼んでいるやり方で、おにぎりのように丸く固めて握るように絞る。

 更に干すハンガーは針金タイプはNG。必ず肩部分が丸みを帯びた太めのハンガーを用意。干す際には「脱水をしっかりしていないので、水の重さで生地が伸びてしまうことから「袖は(垂らさず)上にクロスにしてかける」と袖部分をハンガーの三角形の底辺部分にクロスにして引っかけることで袖も、首回りも伸びにくくなるという。

 窪田は、生地が厚く、手洗いに向かないという理由から「ジーパンは1枚も持っていない」という。「基本手洗いできるものしか買わない」という徹底ぶり。「ギュッと絞ってビシっと干して、バーン!」と手洗い愛を表現していた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ