ここから本文です

阪神・岩貞、1差DeNA戦へ向け「初心に返って思い切り腕を振る」

7/24(月) 15:27配信

デイリースポーツ

 阪神の岩貞祐太投手(25)が24日、甲子園での投手指名練習に参加。強めのキャッチボールや、短いダッシュなどで汗を流し、25日のDeNA戦(甲子園)に備えた。

 3位・DeNAとのゲーム差はわずか1。勝負所の3連戦となる。カード初戦を託された左腕は、DeNA相手に今季初登板。「相手どうこうよりも、自分の結果を求めたい。初心に返って思い切り腕を振っていく」と気を引き締めた。

 前回18日の広島戦(甲子園)では、3回7安打6失点で6敗目(4勝)。2軍再調整も検討された中で、もう一度チャンスを与えられた。

 また、26日の第2戦は小野が先発する予定。試合は作っているが、登板8試合勝ち星がない。9度目のプロ初勝利に向けて「どのチームにも勝たないといけない。先発として試合を作って、チームが勝てるように投げたいです」と前を向いた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 19:05