ここから本文です

2079年に原発ゼロ 寿命延長しない=韓国産業相

7/24(月) 20:25配信

聯合ニュース

【世宗聯合ニュース】韓国の白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官は24日、文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発政策に「性急だ」との指摘が出ていることについて、「脱石炭・脱原発政策と関連し、60年以上のロードマップを持って準備している」と明らかにした。

 この日、就任式を行った白氏は、建設工事を中断している新古里原発5・6号機について「国民的議論を経るが、基本的には新しい原発を建設せず、設計寿命が尽きた原発(の寿命)を延長しない」と説明。「原発の設計寿命が60年ということを考慮すると、2019年に最後に商業運転を始める新ハンウル2号機の寿命は79年までで、『原発ゼロ』までは62年残っている」と述べた。

 その上で、「レボリューション(革命)ではなく、エボリューション(進化)するロードマップを持っている」として、「漸進的な脱核(原発)政策を展開していき、原発などを急に閉鎖したりはしない」との方針を示した。

 脱原発政策により、長期的に電気料金の値上げが懸念されるとの指摘に関しては、「電気需要は減っており、供給は余っている状況」として、「石油など輸入する原料価格に大幅な変動がなければ、電気料金は今後値上げできない」と断言した。

最終更新:7/24(月) 21:26
聯合ニュース