ここから本文です

藤井四段が棋聖戦予選で西川七段と阪口五段に連勝…通算33勝に

7/24(月) 16:00配信

スポーツ報知

 歴代新記録の公式戦29連勝を樹立した将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(15)が24日、大阪市の関西将棋会館で行われた第89期棋聖戦一次予選で西川慶二七段(55)戦と阪口悟五段(38)に連勝し、通算33勝目(2敗)を挙げた。

 今月19日に誕生日を迎えた藤井四段は、21日の第2回上州YAMADAチャレンジ杯トーナメント戦準々決勝で三枚堂達也四段(24)に敗れていたが、西川七段戦で15歳初勝利。阪口五段戦で15歳初連勝を飾った。

 棋聖戦は現在、羽生善治棋聖(46)=王位、王座=が10連覇中。藤井四段が羽生棋聖に挑戦するためには一次予選で4連勝、二次予選で3連勝、決勝トーナメントで4連勝の計11連勝が必要となる。

最終更新:7/24(月) 16:00
スポーツ報知