ここから本文です

国際宇宙ステーション/きぼう 24日20時過ぎに観測のチャンス

7/24(月) 16:46配信

ウェザーニュース

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、日曜日に続き、7月24日(月)夜、国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過。

【飛行ルート的に全国で観測チャンス】
今夜の国際宇宙ステーションは、ほぼ日本列島に沿った形で上空を通過するため、ほとんどのエリアで観測がしやすく、特に飛行ルートに近い鹿児島、京都、金沢、仙台周辺では、天頂付近をスーッと光の点が通るのを観測することができそうです。

右の画像の黄色い線が国際宇宙ステーションの通り道なので、この線が通るエリアではほぼ天頂付近を、この線から北のエリアでは天頂から南よりの空を、この線から南のエリアでは天頂から北よりの空を、それぞれ通過します。

【見やすい場所は?】
空が開けていて、周りに高い建物が少ないほうが見つけやすいです。

ただ、通常の天体観測とは異なり、空が真っ暗なところに行かなくても大丈夫です。条件が良ければ-2等星ほどの明るさ(1等星の約15倍)になるISSは、街中でも見つけやすく、方角と仰角が合えば公園や家のベランダで気軽に見られます。

【今夜の天気は?】
24日(月)夜は雲が広がりやすいものの、北海道ではスッキリと晴れて観測できそうです。西・東日本も西日本を中心に雲の隙間から観測のチャンスはありそうなので、20時過ぎはぜひ空を見上げてみてください。

ウェザーニュース