ここから本文です

<写真報告>意外と多様な北朝鮮庶民の食事(3) 黒くて長いこの食べ物は何? どこかで見たような…(写真3枚)

7/24(月) 5:00配信

アジアプレス・ネットワーク

北朝鮮の市場の食べ物売り場で撮影された映像を見ると、意外と日本の食文化の影響が見えて面白い。代表的なのが「いなり寿司」と、この黒くて長い食べ物である。

【関連写真を見る】 意外と多様な北朝鮮庶民の食事 (1) ソバに豚足にアイス、謎の丸い食べ物の正体は? (写真4枚)

「いなり寿司」のことを「トゥブパプ」という。直訳すると「豆腐飯」、つまり油揚げにご飯を詰めたもの。そして、写真の黒くて長い食べ物は「キムパプ」=海苔巻きである。

「日本の植民地時代からあったかもしれないけれど、海苔巻きを持ち込んで普及させたのは日本から渡った在日の帰国者なんです」
福岡生まれで1960年に10代で北朝鮮に渡り、脱北して2001年に韓国に入りした姜英子(カン・ヨンジャ)さんはこう言う。

1959年から始まった在日朝鮮人の帰国時事業では約9万3000人が北朝鮮に渡った。在日帰国者は北朝鮮の食材で日本料理を作って楽しんだ。それが地元の人にも少しずつ伝播し、味付けが現地化して広まっていった。

例えば「いなり寿司」は、酢飯を使わずトウガラシ味噌などで味付けする。筆者が1998年に咸鏡北道を訪れた時に闇市で食べた「いなり寿司」は、厚めの油揚げに、甘辛く味付けしたご飯を詰めたもので、なかなか美味だった。

さて写真の海苔巻き。いったい具は何なのだろうか? 気になって仕方がない。(石丸次郎)

←大きな容器に並べられたのり巻き。具は何だろうか? 右のタライの中は餅か。露天の屋台で。2013年7月両江道恵山市にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)