ここから本文です

ホンダ 新型シビックが間もなく発表!セダン/ハッチバック/タイプRの特徴やスペックまとめ

7/24(月) 6:50配信

オートックワン

発表を目前に控えたホンダ 新型シビックシリーズ。

10代目となる新型シビックシリーズは、新開発のプラットフォームを核に、機能美を追求したロー&ワイドな先進フォルムを採用した。

>ホンダ 新型シビックセダン/ハッチバック/タイプRの写真を見る(画像105枚)

今回の新型モデルでは、セダンとハッチバックとハッチバックをベースにした高性能モデルのタイプRと3つのタイプがラインナップされている。

力強くスムーズな加速と高い環境性能を両立した直噴VTECターボエンジンを搭載し、あらゆる走行シーンにおいて操る喜びの提供を目指して開発されたという。

日本ではまだ販売されていない新型シビックだが、すでに2016年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、世界各地域のユーザーから好評を得ている。

セダン/ハッチバック/タイプRと、それぞれのモデルについて、現時点でわかっている情報を改めておさらいしてみる。

ホンダ 新型シビックセダン

新型シビックセダンのエクステリアのデザインはハッチバックと同様だが、セダンはフロントグリルにメッキ加飾を施し、プレミアム感を付与している。

セダンの専用装備として、16インチアルミホイールやトランクスポイラーなどが装備される。

また、安全運転支援システムのホンダセンシングも搭載している。

ボディカラーは、ホワイトオーキッド・パール、ルナシルバー・メタリック、クリスタルブラック・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、コスミックブルー・メタリックの5色が用意されている。

なお今回の新型シビックシリーズの中で、セダンのみが日本国内で生産されることになる。

【ホンダ 新型シビックセダン スペック】
全長×全幅×全高:4650mm×1800mm×1415mm
乗車定員:5名
駆動方式:FF
エンジン種類:1.5リッター直噴VTECターボ
最高出力:127kW[173PS]/5500rpm
最大トルク:220N・m[22.4kgf・m]/1700~5500rpm
トランスミッション:CVT
タイヤサイズ:215/55R16
燃料:レギュラーガソリン
価格:未発表

1/2ページ

最終更新:7/24(月) 6:50
オートックワン