ここから本文です

3福祉士国家試験の受験料 今年度から値上げ 社会福祉士は2倍に

7/24(月) 16:07配信

福祉新聞

 政府は14日の閣議で、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の国家試験の受験手数料を今年度から引き上げることを決めた。社会福祉士は1万5440円(現行7540円)、介護福祉士は1万5300円(同1万3140円)、精神保健福祉士は1万7610円(同1万6400円)になる。社会福祉士は最大の7900円アップとなる。

 今年度の試験は社会福祉士が2月4日、精神保健福祉士が2月3・4日、介護福祉士が筆記1月28日、実技3月4日に行われる。

 厚生労働省は引き上げの理由として、同じ年度に複数の試験を受験できるよう異なる試験日にしたとしている。また試験を実施する社会福祉振興・試験センターの積立金が過剰だと当時の民主党の長妻昭・厚労大臣に指摘され受験手数料を引き下げるなどしてきたが、今回、過剰積立金は解消されたとしている。

最終更新:7/24(月) 16:07
福祉新聞