ここから本文です

ホークス川崎リハビリ組へ、両足首痛で 打率も下降、好機で空振り三振

7/24(月) 6:01配信

西日本スポーツ

 米球界から6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎が、24日に初めて出場選手登録を抹消されることが決まった。23日のロッテ戦後に工藤監督と協議。球宴前から抱えていたとみられる両足首痛を解消するため、リハビリ組に合流する。

【写真】球団職員の新垣渚さんと再会して喜ぶ川崎

 4試合ぶりに先発出場したロッテ戦では4打数無安打。2点を追う7回2死満塁では微妙なハーフスイングの判定で三振に倒れた。「あそこまで(バットが)出ていたらそういうふうに思われることもある。益田君にやられました」。打率は2割4分1厘まで下降。得点圏では29打数2安打の6分9厘と低迷している。試合前のフリー打撃を取りやめており、藤本打撃コーチは「休ませてあげるのも大事かな」と説明した。

 開幕直後に入団した川崎は、ファームでの約1カ月の調整を経て4月28日に1軍昇格していた。無念の離脱となり「疲労は当然、たまっている。野球選手なのでどこかしら痛くないとおかしいでしょ。また帰ってきますよ」と話した。

西日本スポーツ

最終更新:7/24(月) 6:01
西日本スポーツ