ここから本文です

“史上最強“の『不協和音』で観客を圧倒!欅坂46「欅共和国2017」が大盛況のうちに終了

7/24(月) 7:00配信

AbemaTIMES

 23日、富士急ハイランド・コニファーフォレストで欅坂46・けやき坂46のライブ『欅共和国2017』が開催された。

 冒頭、行進曲風のBGMにあわせ、平手友梨奈を先頭に黒いハットと長靴、マーチング・バンド風の新しい衣装を身に付けたメンバーが登場。城塞を思わせるセットの上に“共和国の旗“を掲げた。

 続いて『Overture』が流れ、いよいよライブの本編がスタート。ステージ前に水柱が高々と上がり、水のカーテンに包まれたかのような雰囲気の中『サイレントマジョリティ』を披露。続いて『世界には愛しかない』そして『二人セゾン』と、デビュー以来のシングル表題曲を惜しげもなく一気に投入、会場の興奮は一挙に高まった。

 2曲目『世界には愛しかない』では夏の野外ライブらしく、メンバーがホースで観客席に放水、そして志田愛佳の「ジェット風船飛ばしてください!」「せーの、飛ばせ!」の合図で会場の空に1万個以上の風船が舞った。

 19日には16曲の新曲を含む1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』をリリースしたばかりの欅坂46だが、今回のライブでは既存の楽曲でセットリストを構成。シングル表題曲の序盤に続き、欅坂ならではのメッセージ性の強い歌詞や激しいダンスを伴うクールな楽曲だけでなく、『また会ってください』『微笑みが悲しい』といったアイドル然とした楽曲も配置。グループの幅の広さを感じさせる内容となった。

 本編終了時には、再び冒頭のマーチング・バンド風の演出が行われ、平手がポーズを決めると、打ち上げ花火が上がった。

 アンコールではAKB48グループ・乃木坂46・欅坂46から選抜されたメンバーによるユニット「坂道AKB」の『誰のことを一番 愛してる?』(AKB48のシングル『シュートサイン』のカップリング曲)を欅坂46バージョンで特別に披露。TAKAHIRO氏の振り付けらしい、スピーディーで切れ味の鋭いダンスで観客を魅了した。

1/3ページ

最終更新:7/24(月) 7:43
AbemaTIMES