ここから本文です

パーティーにも最適♪パナソニックのBluetoothスピーカー、8万円

7/24(月) 20:44配信

Stereo Sound ONLINE

正面3方向にスピーカーを配し、180度の方向をカバー

 パナソニックは、ホームパーティにも使える中型サイズのBluetoothスピーカー「SC-UA7」を9月8日より発売する。価格はオープンで、想定市場価格は8万円前後。

内部構造がわかる画像も

 SC-UA7は、リビングなどの広いスペースで上質な音楽リスニングを行ないたいユーザーをターゲットにした3ウェイのスピーカー。主に40~50代を想定しているという。

 本体サイズはW260×H744×D295mmで、観葉植物というか、傘立てほどの大きさなので、部屋の隅、あるいは作業机のサイドなどちょっとしたスペースに置ける寸法となっている。

 本体は上下2分割の構造で、上部にはトゥイーター×4、ミッドレンジウーファー×4を3方向に向かって搭載。メーカーでは180度の方向をカバーすると謳っており、本体(スピーカー)の向きによらず、音が部屋中で楽しめるようになっている。

 下部には16cmスーパーウーファーを2基搭載し、対面式とすることで共振も抑えている。また、正面向きに4つのポート(Airquake Bass)が設置されており、ユニットから発生した低音を体感できるレベルに増幅、放射する仕組みも取り入れられている。

 質量は約14kgもあり、見た目よりもずっしりとしている。加えて、六角柱構造の採用でキャビネット剛性を高めることで、1100Wもの出力でも本体が共振しないようにも留意しているという。

 音源は、スマホなどのデジタルオーディオプレーヤーからのBluetooth入力(接続)か、USBメモリー(搭載端子へ直挿しする)、あるいは本体内蔵のメモリー(4GB)に保存したコンテンツが楽しめる。USBメモリー直挿し時の対応フォーマットはMP3、AACだ。

 アナログ音声入力端子2系統(標準プラグ、ステレオミニプラグ)、デジタル音声入力端子1系統(光)も備えているので、プレーヤーとの直接接続も行なえる。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/24(月) 20:44
Stereo Sound ONLINE