ここから本文です

レノファ山口、3連勝ならず 岡山に敗れる

7/24(月) 13:56配信

宇部日報

順位は変わらず、20位

 レノファ山口はリーグ戦第24節の23日、岡山市の岡山県総合グラウンド陸上競技場(シティライトスタジアム)で、ファジアーノ岡山と対戦し1-2で敗れ、3連勝を逃した。順位は20位のまま。

 前半はボールを支配したが、シュート本数は岡山の8本に対し、3本と攻めきれなかった。前半35分には、岡山のFW豊川雄太が外したシュートをFW赤嶺真吾にヘディングで押し込まれ、先制を許した。1点を追うレノファは後半、果敢にゴールを狙いにいくも、相手守備陣は堅かった。一進一退の攻防が続いたが、後半38分、赤嶺にペナルティーエリア手前の中央からゴール右隅に流し込まれ、追加点を奪われた。

 厳しい状況のままアディショナルタイムに突入すると、MF小塚和季が意地を見せた。同47分、MF小野瀬康介からのパスを受け、ペナルティーエリア手前の左から、ゴール右上隅に強烈なシュートを放ち、今季6得点目を挙げた。この勢いでラストスパートをかけたレノファだったが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

最終更新:7/24(月) 13:56
宇部日報

Yahoo!ニュースからのお知らせ