ここから本文です

【MLB】イチロー後半戦初先発出場も3打数無安打1四球、チームは反撃及ばず敗れる

7/24(月) 7:18配信

Full-Count

快音響かず歴代22位ビジオまで3本のまま

 マーリンズのイチロー外野手は23日(日本時間24日)、敵地でのレッズ戦に「7番・左翼」で先発。第1打席に四球を選んだが、残りの打席でバットから快音は響かなかった。これでメジャー通算3057安打のままで、歴代22位クレイグ・ビジオ(3060本)まで3本のままとなった。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、日米年度別成績一覧

 7月6日(同7日)カージナルス戦以来となる先発出場。イチローは2回1死二塁の第1打席に四球を選び、得点機を広げたが、後続が繋がらなかった。エリスの2号ソロで同点に追いついた直後の4回の第2打席は二塁ゴロ、5点を追う7回1死二塁の第3打席には遊ゴロ、そして9回1死の第4打席には左飛に倒れた。打率は.227。

 チームはレッズ先発ロマーノを捉えることが出来ずに7安打3失点。投げては、先発コーラーが6回途中を3被弾を含む9安打6失点と炎上し、連勝を飾ることは出来なかった。

 なお、田澤純一投手の登板はなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/24(月) 8:30
Full-Count

スポーツナビ 野球情報