ここから本文です

NTTデータが Fリーグ「フウガドールすみだ」アプリ、ファンと地域事業者つなぐ

7/24(月) 18:14配信

日刊工業新聞電子版

■スポーツクラブを地域活性化メディアに

 NTTデータは風雅プロモーション(東京都墨田区)、アイリッジ(同港区)と協力し、スポーツを通じて地域の活性化を支援する取り組みを開始する。8月から東京都墨田区で、スマートフォン専用アプリケーションを活用し、地域内でのコミュニーケーションを活発にする実証を行う。この結果を基に、スマホアプリを利用して地域活性化を支援するコンサルティングサービスを企画・開発する予定。

 NTTデータなど3社は、日本フットサルリーグに所属する「フウガドールすみだ」のファンクラブ会員向けアプリを開発する。会員と墨田区の事業者とのコミュニケーションを支援するスマホ専用アプリで、試合などのチームの情報や墨田区事業者のクーポンの配布を行う。

 8月からアプリを提供し、9―12月に開催されるフウガドールすみだ主催の計5試合の会場内で実証実験を行う。他の地域情報配信アプリと比較した場合のダウンロード数や、会員アプリを利用し情報を配信した場合の反応率の変化などを検証する。

 さらに2019年3月期以降には、会員アプリに決済機能を搭載するなど機能を拡充する。これにより地域活性化を後押しする。