ここから本文です

富里、トラクターで除草中の男性死亡

7/24(月) 7:16配信

千葉日報オンライン

 23日午前10時45分ごろ、千葉県富里市十倉の畑で、この畑の所有者で近くに住む農業、栗原貫司さん(66)があおむけで倒れているのを妻(61)が見つけ、届け出た。

 栗原さんは腹部付近を着衣のズボンで締め付けられた状態で死亡。ズボンの端はすぐ近くにあったトラクターの後部の回転式パイプに巻き込まれていた。

 成田署によると、栗原さんは早朝から除草剤の散布を1人で行っていたといい、同署は作業中にズボンがパイプに巻き込まれたとみて死因などを詳しく調べている。