ここから本文です

広報紙B’z記念号がオークション出品 ネット売買され津山市「残念」

7/24(月) 23:09配信

山陽新聞デジタル

 22日のB’zの凱旋ライブに合わせ、岡山県津山市が発行した広報紙の記念号がインターネットオークションに出品されていることが24日、分かった。市は「津山の思い出に大切にしてもらいたかった」と残念がっている。

 「広報津山 B’z津山公演記念号」と銘打ったA4判のカラー4ページで、表紙などに稲葉浩志さんとギタリストの松本孝弘さんの写真を使用し、稲葉さんのプロフィルやB’zの歩み、家族からのメッセージなどを掲載した。「販売や複製、掲載情報の転載・転用等の行為を固く禁じます」と明記している。

 市は市民に届ける広報紙8月号に挟む約4万3500部とは別に、1万部を印刷。ライブ当日の22日に市内各所で配布したところ、ファンの行列ができるほどの人気だった。

 市によると、広報紙の配布を始めた18日の翌19日にはオークションで販売されていた。2500円の値が付いたものや1980円で売れたものもあるという。

 市秘書広報室は「おもてなしの思いを込めて作った記念号なので残念。手元で大切に持っていてほしい」としている。