ここから本文です

クレーン点検中に死亡 /市川

7/24(月) 7:16配信

千葉日報オンライン

 23日午後1時25分ごろ、千葉県市川市高谷新町2の富士港運市川営業所で、クレーンの点検作業をしていたクレーンメーカー、おべ工業の社員、林貴光さん(44)が高さ8メートルの移動式クレーンから腰に着けた安全帯で宙づりになっているのを同僚が見つけ110番通報した。林さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 通報では「ボルトを締める作業中に感電した」などとしており、市川署は死因など詳しい事故原因を調べている。