ここから本文です

「からむし織」魅力堪能、全工程を披露 昭和・フェアにぎわう

7/24(月) 10:57配信

福島民友新聞

 福島県昭和村の道の駅からむし織の里しょうわで22、23の両日行われた「第32回からむし織の里フェア」では、来場者がからむし織の魅力を堪能し、さまざまなイベントを楽しんだ。実行委の主催。
 会場では、国選定保存技術に指定されているカラムシの外の皮を除いて繊維を取り出す技術「苧引(おひ)き」や「苧績(おう)み」などのからむし織の全工程が披露された。職人の手作業で丁寧に繊維を取り出す姿に来場者が見入った。
 からむし織体験生3人がからむし織で作った着物でステージに登場し、来場者の写真撮影に笑顔で応じた。出店には来場者が列を作り、演奏や踊りのイベントが来場者を楽しませた。

福島民友新聞

最終更新:7/24(月) 10:57
福島民友新聞