ここから本文です

クビサF1復帰へ一歩近づく!? ハンガリーテストへの参加決定。最新マシンをドライブ

7/24(月) 18:41配信

motorsport.com 日本版

 ルノーは、ハンガリーGP後のテストで、ロバート・クビサを走らせることを発表した。

【写真】ついに公式テストへの参加が決まったクビサ。F1復帰の時は近いか?

 2011年のオフシーズンに、ラリー中の事故により大怪我を負ったクビサ。昨年ようやくサーキットレースへの復帰を果たしたばかりの彼は、最近では旧型のF1マシンに乗り、2回にわたってテストドライブを経験していた。

 テストでの評価が高かったことから、近い将来のF1本格復帰も示唆されていたクビサは、本当に復帰が可能かどうかを判断するために、最新のF1マシンでのテストに挑むことになる。

 クビサはハンガリーGP後に2日間にわたってハンガロリンクで行われるテストの2日目を担当。初日は、ダムスからF2に参戦中のニコラス・ラティフィが走ることになる。

 ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、ハンガリーでのテストの評価により、クビサに対して今後どのような計画を立てることができるのか、判断できると明らかにする。

「最初に行った2日間のテストで、ロバートと我々は、大量のデータを集めることができた」

 アビテブールはそう語る。

「ハンガロリンクでR.S.17を走らせることで、現在のマシンでの詳細かつ正確なデータを得ることができる」

「テストの後、収集されたデータを慎重に分析し、ロバートが来年競技に戻ることができるかどうかを判断する」

 ハンガロリンクでのテストにクビサを参加させるかどうかは、ルノーにとっては複雑な状況であった。なぜならクビサはF1参戦経験があるため、ルーキードライバーとしては当然扱われず、彼を走らせるためにはジョリオン・パーマーもしくはニコ・ヒュルケンベルグの走行時間を犠牲にせざるをえなかった。

 FIAの規則では、インシーズンテスト4日間のうち2日間は、グランプリ参戦2戦以下のドライバーが担当するよう規定されているからだ。クビサはBMWザウバーとルノーで、合計76戦に参戦した経験を持つ。

 ルノーはすでにバーレーンでヒュルケンベルグを起用しており、経験者を走らせることができる日程は、残り1日となっていた。

Jonathan Noble