ここから本文です

アーセナル、EURO2016制覇に貢献のボールハンターを獲得か 英紙報じる

7/24(月) 11:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

中盤の守備力アップを画策か

今オフにDFセアド・コラシナツやFWアレクサンドル・ラカゼットを獲得したアーセナル。新シーズンの国内タイトルや2018-2019シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権の獲得にむけてまずまずの補強を展開している同クラブだが、新たな戦力を物色しているようだ。

同クラブが現スポルティング・リスボン所属MFウィリアム・カルバーリョ(ポルトガル代表)の獲得を検討していると、英『THE Sun』が伝えている。屈強なフィジカルを活かした対人守備や推進力のあるドリブルに定評があり、同国代表のEURO2016制覇に貢献した同選手。ジャック・ウィルシャーやモハメド・エルネニーに移籍の噂が絶えない現状を受け、同クラブがカルバーリョに白羽の矢を立てたという見方が併せて報じられた。

2016-2017シーズンのプレミアリーグの上位6クラブの中で、最も多くの失点を喫したアーセナル。同選手の獲得にむけて少なくとも2700万ポンド(約40億円)の入札が必要であると同紙で伝えられているが、守備力向上にむけた補強に乗り出すのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ