ここから本文です

ミランへ移籍したボヌッチ 長年苦楽をともにしてきたキエッリーニはどう見る?

7/24(月) 12:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「ボヌッチはみんなの仲間。家族のよう」

どこに行っても変わらない関係がそこにはあった。今夏の移籍市場でACミランへ移籍したレオナルド・ボヌッチについて、これまで苦楽をともにしてきた盟友ジョルジョ・キエッリーニが口を開いた。

2010年にボヌッチがユヴェントスへ加入して以来ともにCBを務め、長きにわたり欧州屈指の守備を支えてきたキエッリーニ。インタビューに応じた際、ボヌッチの移籍について聞かれ、「ボヌッチはみんなの仲間だ」とコメント。伊『Gazzetta dello Sport』などが伝えている。

さらにキエッリーニは「7年ものあいだ、僕はブッフォンやバルザーリ、他のみんなと彼を見てきた。まるで家族のようだよ。だから人間としても恋しいよ」と述べつつも「僕たちにはまだ重要なプレイヤーがたくさんいる。たぶん、他に新たな選手も獲得するだろうしね。心配は少ないよ」と語った。

はたして、ユヴェントスはボヌッチを失ったが、新シーズンも絶対王者の地位を守ることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/