ここから本文です

久慈ナイン調整万全 高校野球岩手大会、24日決勝

7/24(月) 10:49配信

デーリー東北新聞社

 第99回全国高校野球選手権岩手大会は23日に盛岡市の岩手県営球場で予定していた決勝・盛岡大付―久慈を、前日に続き雨のため24日に順延した。同球場で午後1時試合開始予定。

 県高野連は23日午前8時、再順延を発表。両校とも午前中は同球場の屋内練習場で、2時間程度の練習に汗を流した。

 久慈は打撃練習を行い、相手投手の速球対策に力を入れた。投手陣はこの日も肩を休ませ、決勝での全力投球に備えた。

 佐々木雄洋監督は、2度の順延にも「選手たちは疲れがとれたようで昨日より動きが良いし、2日間でさらにうまくなることができた」と前向き。

 準決勝で好投した高柳涼は「体を休めるときはしっかりと休め、明日(24日)の朝には試合モードに意識を切り替えて万全の状態で臨みたい」と意欲十分だった。

デーリー東北新聞社

スポーツナビ 野球情報