ここから本文です

松下信治のF1初テストが決定! ハンガリーGP後のテストでザウバーF1をドライブ

7/24(月) 19:14配信

motorsport.com 日本版

 F2参戦中の松下信治が、ハンガリーGP後のインシーズンテストで、ザウバーF1マシンを走らせることが発表された。松下はこれがF1初テストとなる。

【写真】2016年のモナコGPをホンダ八郷社長と観戦した松下信治

 松下は2日間にわたって行われるテストのうち2日目を担当。初日には、同じくF2に参戦しているグスタフ・マルヤがドライブすることになる。

 ザウバーのマシンを走らせる松下だが、ザウバーは2018年のパワーユニットをどのメーカーのモノにするのか、再検討していると言われている。

 ザウバーは、ホンダと来季のパワーユニット供給契約について合意したと発表していた。しかし、この契約は最終的に締結されていなかったと言われている。しかもこの契約をまとめた当時のチーム代表であったモニシャ・カルテンボーンがチームを去ったため、最終的にホンダを使うのか、それとも他のパワーユニットを使うことを選ぶのか、その判断に注目が集まっていた。

 松下が今回走るということにより、ザウバーが来季ホンダ製パワーユニットを使う可能性が、完全に排除されたものではないと考えることもできる。しかし一方で、ザウバーの新しいチーム代表に就任したフレデリック・バスールは、ARTグランプリを運営しており、松下はそのチームの所属ドライバーでもある。

 松下の起用について、バスールは次のように語った。

「ノブハルにこの素晴らしい機会を与えることができて、嬉しく思っている。彼はF1マシンを初めて経験するに値するドライバーだ」

「ARTグランプリでのF2デビュー以来、私は彼の成長を身近で注目してきた。そして彼は、毎年自分のパフォーマンスを進歩させてきた。このF1テストで、いつかF1ドライバーになるという彼の夢に、一歩近付くことになる」

 バスールは今月初めにザウバーに加入した直後、ホンダとの関係をどうすべきか、最優先で決めると述べていた。

Jonathan Noble