ここから本文です

クボタに南ア代表のマプーが復帰! NEC退団のロスもスピアーズの一員に

7/24(月) 16:37配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 2016-17シーズン後、いったんはクボタスピアーズ退団が発表された南アフリカ代表のCTB/WTBライオネル・マプー(29歳)だが、新シーズン開幕を前に、スピアーズに復帰することが決まった。

近鉄にライオンズの英雄加入! 南ア代表コンブリンクもトップリーグ参戦へ

 今年6月のフランス代表戦でも13番を着て先発し、南ア代表12キャップを持つマプー。スーパーラグビーでは初優勝を目指すライオンズの主力であり、7月22日のプレーオフ準々決勝(シャークス戦)では後半にトライを挙げ、チームの逆転勝利に貢献した。

 千葉県船橋市を本拠地とするチームで3年目を迎えることになったマプーは、「再びクボタスピアーズに加わることができて大変ワクワクしています。素晴らしい人材が揃ったチームであり何かを築き上げることが非常に楽しみです。グラウンド内外で、できる限りチームに貢献するとともに、昨年よりもさらに良い結果が出せるように最善を尽くします」とコメントした。

 また、昨季限りでNECグリーンロケッツを退団したLOニック・ロスもクボタスピアーズ入団が決定。8月に25歳の誕生日を迎える元U20ニュージーランド代表のロスは、「クボタスピアーズに入団することができて本当に嬉しく思います。このチームの文化やメンバー・スタッフたちは本当に素晴らしく、クボタスピアーズが良いシーズンを過ごせるように全力を尽くします」と、こちらも気合十分だ。